スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと庄内ロケ地めぐりと舞娘相馬樓ツアーに行ってきました!

こんにちはE旅スタッフの庄内出身子持ちママです

先週4月25日(土)に、当社企画『おくりびとロケ地めぐりと舞娘相馬樓』ツアーが催行されました
当日はあいにくのでご参加された皆様には、お足元の悪い中でのツアーとなりましてご不便をお掛けいたしましたが、無事予定通り各ロケ地やスポットを廻ることができました

まずは上山市・二日町にある、大悟の実家として撮影された元美容室の建物からスタートです。
ここは30年前はあん工場だったらしいですよ。脇を流れる河川の改修工事で川幅が広がって、建物の一部だけが現在の形で残ったとか。家の中のシーンは東京のセットで撮影されたらしいですが、劇中に出てくる急な階段は実物そのものなんだそうですよ。写真の中に見えるジョウロは、
広末涼子ちゃんになりきって記念撮影が出来るようにとおいてありました。なかなか面白い演出ですよね
090425daigonojikka1_convert_20090430164716.jpg

お次は、ロケ地ではありませんが、劇中にも出てくる日吉町の石畳、通称“舞娘坂”にある
相馬樓で、豪華な舞娘弁当昼食の後、あでやかな酒田舞娘さんの踊りを鑑賞しました
いや~同じ女性から見ても綺麗というか、可愛いですね~
私も一度あの白塗りやってみたいと思うのですが、大柄な私にはきっと似合わないでしょうね・・・
soumaro1.jpg

こちらは、劇中でも港座として出てきた映画館です
現在は上映はされていませんが、復活するとかしないとかという話もあるそうです。
minatoza.jpg


こちらは、NKエージェントとして使われた旧割烹小幡(おばた)です。ここは以前は立ち入ることができなかったのですが、4月10日から公開され、既に何千人という方々が見にこられているそうです。
おくりびとロケ地下見 041


こちらは小幡の3階に再現された社長室です。実際の社長室はやはり東京のセットで撮影されたらしいですが、劇中でも社長と大悟が食べていた白子(もちろんニセモノですが)がおいてあったりして、雰囲気はばっちり再現されていましたよ
kobata.jpg

こちらは同じ小幡の1階ですが、ここでは実際に“鶴乃湯”のおかみさんが亡くなられて大悟が身体を拭いてあげているシーンが撮られました。あのシーンは涙涙でしたよね?
なんだか、セットだけですがあのシーンが蘇ってきてまた感動してしまいました
obata2.jpg

こちらは大悟がイスに座ってチェロを弾いていたシーンが撮影された、遊佐町にある月光川(がっこうがわ)の土手です。写真では見づらいと思いますが、イスが野ざらしでおいてあるんです!!!
うわさでは聞いていたのですが、まさか本当においてあるとは
これもなかなかにくい演出ですね
copy gakkougawa

最後は、私の出身鶴岡市にある“鶴乃湯”です。
ここはロケ地の中でも特に人気があるスポットだそうで、海外からもお客さんがいらっしゃるとか。
きっと、たくさんの人が訪れたり、電話もじゃんじゃん鳴って大変だったでしょうに、
おかみさんは『ありがたいことです』と、とても謙虚な方でした。
これからも庄内唯一の現存の銭湯としてがんばって欲しいです
tsurunoyu.jpg

ロケ地をめぐってみて、感動の名場面を思い出すとともに、
自分のふるさとの魅力を再発見したツアーとなりました。
今回は地元のお客様をお連れいたしましたが、県外のお客様にも是非ご参加いただけたらと思っています。今、庄内がとてもHotです。ぜひ庄内さきてくださいの~



スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。