スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行Ⅰ

お久しぶりで~す
何ヶ月ぶりでしょう。ご無沙汰でした。 えっだれも待っていない 
今回からは、先日行ってきました、九州の阿蘇から高千穂あたりのご報告です。
まずは、2、3年前に出来たばっかりの“九重夢大吊橋”です
歩行者専用としては、日本一の高さ173mと長さ390mを誇るそうです
これが出来る前は、茨城県にある竜神大吊橋が375mの長さで日本一でした・・・
九重夢大吊橋
この橋の途中からは、こんな雄大な眺めが
振動の滝というそうです。2つの滝を合わせてこの名前だそうで、
下の写真は雄滝83m、ちょっと離れて雌滝93mがあります。
振動の滝
すばらしい天気も最高でなかなかGoodです
前にも話しましたが、やっぱり金ちゃんは・・・男ですっ
本日のお泊りは、かの有名な黒川にある『わかば』旅館です。
やっぱり、思ったとおりのいい雰囲気でした
黒川温泉わかば
行った時期も、そのまま“わかば”の季節なので、新緑がGood
私、金ちゃんとしては、紅葉もいいんですけど、新緑のほうがです。

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

新潟天地人ツアー行ってきました!

こんにちは。E旅の歴史好きの雄ちゃんです。

みなさんは大河ドラマ「天地人」ご覧になってますか?
山形が大河ドラマで舞台となるのは、1987年の「独眼龍政宗」以来のこととなります。
「おくりびと」やモンテディオ山形のJ1での活躍と、今年は山形が何かと注目される年になりそうですね
というわけで、今回より、大河ドラマ「天地人」シリーズの添乗レポートををお送りします

まずはちょっとご紹介。
上杉家の城下町というと米沢が有名ですが、元々は新潟の春日山を拠点とした大名です。
戦国時代にあって「義」の心で生きた上杉謙信公ですが、残念ながら志半ばで亡くなります。
その跡を継いだのが上杉景勝、そして名補佐役といわれ天下にその名を知られたのが「直江兼続」
今回の大河ドラマ主人公です
正直なところ、歴史好きな人でなければあまり聞きなれない名前ですね。
しかし上杉家の歴史を語るにはこの人は欠かせない存在なのです。

では第一弾、新潟上越地区と長岡地区です。

まずは上越天地人博。
今年だけの企画展示ですのでこれは見逃せません。
中では、あのテーマソングが流れ、俳優さんのパネルや小道具の展示、映像での紹介があり
武将・奥方の気分で記念撮影も楽しめます。
niigata7_convert_20090502123503.jpg


続いて上杉家の居城「春日山城」です。
さすがに戦国を代表する山城で険しいですが、上越市内の眺めはバッチリ。
上杉謙信公の銅像があります。カッコいいですね
niigata1_convert_20090502110730.jpg

次は上杉家の菩提寺、林泉寺です。
春日山城の搦手門(裏門)を移築した春日山城唯一の現存遺構(写真)、立派な門構えの山門、本堂、上杉家ゆかりの貴重な品々をおさめる宝物館、謙信公の供養塔など、見どころたくさんです。予約できれば住職さんから丁寧に案内していただけますよ。
niigata2_convert_20090502112744.jpg

お泊りは長岡市郊外の蓬平温泉(よもぎひらおんせん)蓬莱館福引屋。
肌がツルツルになる温泉と旬の食材を使った手作り料理(写真)、そしてその名の通り
午後9時からの福引抽選と、お客様もご満足いただけたことと思います
niigata4_convert_20090502115145.jpg

さて翌日は中越地震から復興を遂げた山古志を通って(これは一見の価値アリ!)
南魚沼市六日町へ
ここには何があるかというと、景勝と兼続が幼少の頃に学んだお寺「雲洞庵」があります。
門より続く参道の石畳には法華経が埋め込まれ、「雲洞庵の土踏んだか」といわれるほど
信仰がさかんだったそうです。
広い境内、本堂、貴重な資料をおさめる宝物殿と、見どころたくさんです。
あのかわいい子役のセリフを思い浮かべながら、その時代に想いを馳せるのもよいでしょう
niigata5_convert_20090502120659.jpg

そして小出での昼食を済ませてからバスは長岡郊外の与板へ。
直江兼続の治めた城下町です。
直江家菩提寺の徳昌寺に参拝後、兼続お船ミュージアム(与板歴史民俗資料館)を見学。
目の前には、ありました「直江兼続」の銅像が
館内では上杉家の歴史をわかりやすく紹介しています。
ご存知「愛」の甲冑(レプリカ、本物は米沢上杉神社稽照殿に収蔵)、直江軍旗(これもレプリカ、本物は山形の最上義光歴史館収蔵)のほか、貴重な資料を展示しています。
niigata6_convert_20090502121847.jpg


普段は静かなところも、特に土日には人、人、車、車と観光客で混雑しています。
やはり大河ドラマの影響は大きいですね
みなさんも今年の目玉、ゆかりの地を旅してみてはいかがでしょうか。
ご相談はE旅へどうぞ。お待ちしております

では第2回をお楽しみに





テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

おくりびと庄内ロケ地めぐりと舞娘相馬樓ツアーに行ってきました!

こんにちはE旅スタッフの庄内出身子持ちママです

先週4月25日(土)に、当社企画『おくりびとロケ地めぐりと舞娘相馬樓』ツアーが催行されました
当日はあいにくのでご参加された皆様には、お足元の悪い中でのツアーとなりましてご不便をお掛けいたしましたが、無事予定通り各ロケ地やスポットを廻ることができました

まずは上山市・二日町にある、大悟の実家として撮影された元美容室の建物からスタートです。
ここは30年前はあん工場だったらしいですよ。脇を流れる河川の改修工事で川幅が広がって、建物の一部だけが現在の形で残ったとか。家の中のシーンは東京のセットで撮影されたらしいですが、劇中に出てくる急な階段は実物そのものなんだそうですよ。写真の中に見えるジョウロは、
広末涼子ちゃんになりきって記念撮影が出来るようにとおいてありました。なかなか面白い演出ですよね
090425daigonojikka1_convert_20090430164716.jpg

お次は、ロケ地ではありませんが、劇中にも出てくる日吉町の石畳、通称“舞娘坂”にある
相馬樓で、豪華な舞娘弁当昼食の後、あでやかな酒田舞娘さんの踊りを鑑賞しました
いや~同じ女性から見ても綺麗というか、可愛いですね~
私も一度あの白塗りやってみたいと思うのですが、大柄な私にはきっと似合わないでしょうね・・・
soumaro1.jpg

こちらは、劇中でも港座として出てきた映画館です
現在は上映はされていませんが、復活するとかしないとかという話もあるそうです。
minatoza.jpg


こちらは、NKエージェントとして使われた旧割烹小幡(おばた)です。ここは以前は立ち入ることができなかったのですが、4月10日から公開され、既に何千人という方々が見にこられているそうです。
おくりびとロケ地下見 041


こちらは小幡の3階に再現された社長室です。実際の社長室はやはり東京のセットで撮影されたらしいですが、劇中でも社長と大悟が食べていた白子(もちろんニセモノですが)がおいてあったりして、雰囲気はばっちり再現されていましたよ
kobata.jpg

こちらは同じ小幡の1階ですが、ここでは実際に“鶴乃湯”のおかみさんが亡くなられて大悟が身体を拭いてあげているシーンが撮られました。あのシーンは涙涙でしたよね?
なんだか、セットだけですがあのシーンが蘇ってきてまた感動してしまいました
obata2.jpg

こちらは大悟がイスに座ってチェロを弾いていたシーンが撮影された、遊佐町にある月光川(がっこうがわ)の土手です。写真では見づらいと思いますが、イスが野ざらしでおいてあるんです!!!
うわさでは聞いていたのですが、まさか本当においてあるとは
これもなかなかにくい演出ですね
copy gakkougawa

最後は、私の出身鶴岡市にある“鶴乃湯”です。
ここはロケ地の中でも特に人気があるスポットだそうで、海外からもお客さんがいらっしゃるとか。
きっと、たくさんの人が訪れたり、電話もじゃんじゃん鳴って大変だったでしょうに、
おかみさんは『ありがたいことです』と、とても謙虚な方でした。
これからも庄内唯一の現存の銭湯としてがんばって欲しいです
tsurunoyu.jpg

ロケ地をめぐってみて、感動の名場面を思い出すとともに、
自分のふるさとの魅力を再発見したツアーとなりました。
今回は地元のお客様をお連れいたしましたが、県外のお客様にも是非ご参加いただけたらと思っています。今、庄内がとてもHotです。ぜひ庄内さきてくださいの~



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

小笠原ぱーとⅨ

お久しぶりの更新です。
いよいよ小笠原滞在最後の日となりました
お世話になりましたお宿『ラ・メーフ』さんでのおいしい朝食です。
200901小笠原研修2 144縮
『ラ・メーフ』さんにいたワンちゃん
200901小笠原研修2 146縮
別のお宿にいたワンちゃん (山形弁で) めんげべ
200901小笠原研修2 164縮
もうお分かりかと思いますが・・・私、金ちゃんは好きです。
自宅にもMダックスがいます こちら公 名前はラッキー
002-1.jpg

話は戻って・・・ 
ついに母島を離れるときが・・・お世話になったお宿の皆さんが見送りにきてくれています
みなさん、さよーなら~ また来ま~す。
200901小笠原研修2 198縮
次いで、父島での乗り換え。
ここでもたくさんのお見送りが・・・ すごい人、ひと、ヒト・・・
島中の人たちがきてくれたのかと思うくらいです。
200901小笠原研修2 215縮
船が出港しても、岸壁ギリギリまで走ってきてくれたり、
最後には何艘もの船で外洋に出るまで付いてきて、「また来いよ~」って・・・
最後の最後には海に飛び込んで・・・Good-Byだって
200901小笠原研修2 217縮
すごい感動でした
もうで・・・ 体験した人でないとこの感動はわかりません
25時間かけても、また来なっきゃと思いながら、小笠原をあとに・・・
父島・母島のみなさ~ん、さよ~なら~ また、必ず来ま~す

これで、小笠原のお話はおしまいです。
次回はどうしようかな~・・・

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

小笠原パートⅧ

母島のつ・づ・き・です
小学校の入口におもしろいものを見つけました
いい感じでしょ お気に入りに登録です
200901小笠原研修2 158縮
今日は島内観光ということで、ガイドさんと一緒にエコツアーに出発~
なんと ここは戦前まで小学校があったそうです。
この状態では考えられな~い 60年も経つとこんな風になってしまうんですね・・・
200901小笠原研修2 090縮
ここにも戦跡が・・・
200901小笠原研修2 106縮
途中の『新夕日が丘』というトコロからの眺め キレイですねぇ~
200901小笠原研修2 113縮
本日のお宿はココ 『クラフトイン・ラ・メーフ』さん、イチオシです。
館内はキレイだし、従業員のお姉さんたちもキレイな方々がいっぱいだし、
料理はおいしいし。Goodです。
200901小笠原研修2 134縮
宿の入口に、またまたイイものを見つけました お気に入りに登録しましょう
石で出来ています。すごいですねェ~おもしろいですねェ~
200901小笠原研修2 114縮
明日はいよいよ小笠原とお別れです






テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。