スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行Ⅲ

九州旅行2日目のもう一つのメイン、高千穂峡です
は観光パンフなんかでよくにする写真ですよね
自分のデジカメで撮っても同じ感じね 真名井の滝です
九州旅行Ⅲ-6
真名井の滝を反対側から見るとこんな感じ
九州旅行Ⅲ-8

神話伝説の高千穂にお泊りだったので、やっぱりコレを見なきゃ
毎夜、高千穂神社で行われている夜神楽です
1時間弱くらいでしたが、なかなかおもしろかったです。
観光客用とはいえ、本格的なキチンとした神楽でしたよ
九州旅行Ⅲ-3

翌朝、お決まりの散歩で行ってきたのは・・・
天岩戸神社です。特に天安川原(あまのやすかわら)は本当に神秘的な場所でした。
八百万の神々が集まって相談・宴会を開いたというトコロですね~
早朝でしたので、途中も薄暗く・・・だれ~もいませんでしたちょっと怖いような感じ
九州旅行Ⅲ-4
九州旅行Ⅲ-5
う~ん・・・さすが神話伝説の高千穂でした

いよいよ次回で九州旅行は最後でっす

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

九州旅行Ⅱ

黒川温泉はとっても風情のある温泉地です
特にいろんな旅館の露天風呂めぐりができるというのがGoodです
檜を切り株みたいに切った入湯手形というものがあって、お好きな3ヶ所に入れます。
手形は各旅館で1,200円で売ってます。
それぞれの旅館によって趣きも泉質も違ってるので、ぜひお試しください
私・金ちゃんは夜も行ってみました
夜の温泉街もいい雰囲気でしたよ~
黒川温泉の夜
早朝のお散歩も行ってきました
新緑がいいっ いい季節ですね~
090527九州 黒川、阿蘇、高千穂 066 縮
この日は阿蘇方面に行きます。
阿蘇山に向かう途中の最大の見せ場でしょう
阿蘇五岳の遠景ですが、涅槃像と呼ばれています 
フムフム・・・なるほどお釈迦様の寝姿に似ていますよね
大観峰
次は草千里です
ココも阿蘇の代表的な景観ですよね
2つの池があるのですが、雨が少ないからでしょう・・・もう1つの池には水がありません
草千里
さぁ いよいよ本日のメイン“阿蘇”です
すごいっデカっまさかこれほどとは・・・
すばらしい “世界一の火口”と言われるのも納得です
阿蘇山火口
阿蘇旧火口
旧火口もこの通り第七火口まであるのです
すごい迫力ぜひご自分ので体感してください

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

皆既日食!

7月22日 世紀の皆既日食の日
みなさん、見えました どこで見ました 
高~いツアー代金を払ってまで遠方に見に行った人たちも多かったみたいですけど
当社社員1名も上海近郊に行ってきました(もちろん仕事です)が、残念ながら
でもその瞬間は真っ暗になったそうで、感動して帰ってきました
私、金ちゃんもこういう天体ショーは大好きでして・・・
皆既をなんっとか体験したかったのですが・・・残念ながら
でも当地山形にて部分日食を見ることができました 雲の切れ間にチラッ
思わず、ヤッター
090722皆既日食in山形 003
デジカメで撮って、どアップにしてものです。 みたいですね~

来年はイースター島で皆既日食が見れるそうで、今から計画を立てようかと考えている今日このごろです。

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

九州旅行Ⅰ

お久しぶりで~す
何ヶ月ぶりでしょう。ご無沙汰でした。 えっだれも待っていない 
今回からは、先日行ってきました、九州の阿蘇から高千穂あたりのご報告です。
まずは、2、3年前に出来たばっかりの“九重夢大吊橋”です
歩行者専用としては、日本一の高さ173mと長さ390mを誇るそうです
これが出来る前は、茨城県にある竜神大吊橋が375mの長さで日本一でした・・・
九重夢大吊橋
この橋の途中からは、こんな雄大な眺めが
振動の滝というそうです。2つの滝を合わせてこの名前だそうで、
下の写真は雄滝83m、ちょっと離れて雌滝93mがあります。
振動の滝
すばらしい天気も最高でなかなかGoodです
前にも話しましたが、やっぱり金ちゃんは・・・男ですっ
本日のお泊りは、かの有名な黒川にある『わかば』旅館です。
やっぱり、思ったとおりのいい雰囲気でした
黒川温泉わかば
行った時期も、そのまま“わかば”の季節なので、新緑がGood
私、金ちゃんとしては、紅葉もいいんですけど、新緑のほうがです。

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

新潟天地人ツアー行ってきました!

こんにちは。E旅の歴史好きの雄ちゃんです。

みなさんは大河ドラマ「天地人」ご覧になってますか?
山形が大河ドラマで舞台となるのは、1987年の「独眼龍政宗」以来のこととなります。
「おくりびと」やモンテディオ山形のJ1での活躍と、今年は山形が何かと注目される年になりそうですね
というわけで、今回より、大河ドラマ「天地人」シリーズの添乗レポートををお送りします

まずはちょっとご紹介。
上杉家の城下町というと米沢が有名ですが、元々は新潟の春日山を拠点とした大名です。
戦国時代にあって「義」の心で生きた上杉謙信公ですが、残念ながら志半ばで亡くなります。
その跡を継いだのが上杉景勝、そして名補佐役といわれ天下にその名を知られたのが「直江兼続」
今回の大河ドラマ主人公です
正直なところ、歴史好きな人でなければあまり聞きなれない名前ですね。
しかし上杉家の歴史を語るにはこの人は欠かせない存在なのです。

では第一弾、新潟上越地区と長岡地区です。

まずは上越天地人博。
今年だけの企画展示ですのでこれは見逃せません。
中では、あのテーマソングが流れ、俳優さんのパネルや小道具の展示、映像での紹介があり
武将・奥方の気分で記念撮影も楽しめます。
niigata7_convert_20090502123503.jpg


続いて上杉家の居城「春日山城」です。
さすがに戦国を代表する山城で険しいですが、上越市内の眺めはバッチリ。
上杉謙信公の銅像があります。カッコいいですね
niigata1_convert_20090502110730.jpg

次は上杉家の菩提寺、林泉寺です。
春日山城の搦手門(裏門)を移築した春日山城唯一の現存遺構(写真)、立派な門構えの山門、本堂、上杉家ゆかりの貴重な品々をおさめる宝物館、謙信公の供養塔など、見どころたくさんです。予約できれば住職さんから丁寧に案内していただけますよ。
niigata2_convert_20090502112744.jpg

お泊りは長岡市郊外の蓬平温泉(よもぎひらおんせん)蓬莱館福引屋。
肌がツルツルになる温泉と旬の食材を使った手作り料理(写真)、そしてその名の通り
午後9時からの福引抽選と、お客様もご満足いただけたことと思います
niigata4_convert_20090502115145.jpg

さて翌日は中越地震から復興を遂げた山古志を通って(これは一見の価値アリ!)
南魚沼市六日町へ
ここには何があるかというと、景勝と兼続が幼少の頃に学んだお寺「雲洞庵」があります。
門より続く参道の石畳には法華経が埋め込まれ、「雲洞庵の土踏んだか」といわれるほど
信仰がさかんだったそうです。
広い境内、本堂、貴重な資料をおさめる宝物殿と、見どころたくさんです。
あのかわいい子役のセリフを思い浮かべながら、その時代に想いを馳せるのもよいでしょう
niigata5_convert_20090502120659.jpg

そして小出での昼食を済ませてからバスは長岡郊外の与板へ。
直江兼続の治めた城下町です。
直江家菩提寺の徳昌寺に参拝後、兼続お船ミュージアム(与板歴史民俗資料館)を見学。
目の前には、ありました「直江兼続」の銅像が
館内では上杉家の歴史をわかりやすく紹介しています。
ご存知「愛」の甲冑(レプリカ、本物は米沢上杉神社稽照殿に収蔵)、直江軍旗(これもレプリカ、本物は山形の最上義光歴史館収蔵)のほか、貴重な資料を展示しています。
niigata6_convert_20090502121847.jpg


普段は静かなところも、特に土日には人、人、車、車と観光客で混雑しています。
やはり大河ドラマの影響は大きいですね
みなさんも今年の目玉、ゆかりの地を旅してみてはいかがでしょうか。
ご相談はE旅へどうぞ。お待ちしております

では第2回をお楽しみに





テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。